法定金利・法定利率ついて教えてください。

利率を決めなかった時に。

法定金利・法定利率についてキャッシング先生があなたの疑問に答えます。サイトの内容をよく読み、また各種ページもくまなくご覧ください。

法定金利・法定利率とはなんですか?

質問

契約において利息を付す旨が定められているにもかかわらず、利率の定めがない場合や法律上利息を付すものとされている場合、契約当事者同士が、利率を決めなかった時に適用される利率をいいます。民事法定利率は5%(民法第404条)、商事法定利率は6%(商法第514条)です。例えば、消費貸借契約に基づく貸金元本100万円を、返還期限を過ぎても支払わず、1年が経過したときは、債務者は債権者に対し、貸金元本100万円とともに遅延損害金5万円を支払わなければならないということになります。 なお、法定利率の概念には、一般に利率制限法、出資法などの法律で定めた上限金利のことは含まれておらず、これらは法定上限金利と表現されることが多いです。

先生