改正貸金業法ついて教えてください。

2010年6月18日に施行されました。

改正貸金業法についてキャッシング先生があなたの疑問に答えます。サイトの内容をよく読み、また各種ページもくまなくご覧ください。

改正貸金業法とはなんですか?

質問

消費者金融などから返済しきれないほどの借金を抱えてしまう多重債務者が増加し、深刻な社会問題化したことを受けて、この問題を解決するために改正貸金業法が2010年6月18日に完全施行されました。利用者にとって特に重要なのは、次の2点です。1つは、総量規制が導入され、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新規に借り入れることができなくなりました。それに伴い、無収入の人も原則、借りられなくなりましたが、専業主婦の場合は配偶者貸付という制度が設けられ、夫婦の年収を合計したもののうち、3分の1までであればお金を借りることが出来ます。ただし、配偶者の同意書など複数の書類を提出する必要があります。また、上限金利が出資法の金利がの29.2%から、借入金額に応じて15%~20%に引き下げられました。一番高くても20%です。そのほか、行為規制の強化、指定信用情報機関制度、特定指定の廃止といった変更点があります。

先生