無職で困った時のお金の借り方

総量規制により無職の場合のキャッシング条件

が大きく変わりました。

専業主婦や仕事を退職なされた方でもキャッシングはできるのでしょうか?

専業主婦なので今、無職ですが、今まで家計が苦しい時など時々クレジットカード会社からキャッシングしていたのですが、今後はどうなるのでしょうか?

女性の悩み

このような質問が特に最近増えてきているようです。2010年6月に施行されたいわゆる個人向け無担保ローンに対して厳しい規制が始まりました。それは多重債務者対策を行う上での法改正なのですが、特に無職の方はかなりキャッシングすることが難しくなりました。ますはその「総量規制」について説明してみましょう。

今回まず規制の対象になるのは、貸金業として登録している個人向け無担保ローンの消費者金融会社やクレジットカード会社による一番大きな改正は「年収の3分の1を超えた貸付ができません。また、仮にその金融会社での借入限度額が残っていても、他社で借り入れしている額の合計で判断するので、すでに借り入れ合計金額が年収の3分の1を超えてしまっている場合はそれ以上の借り入れはできません。

で、本題の専業主婦の場合ですが、つまり収入が無いので無職という扱いになります。収入が無い場合はこの時点で原則借り入れ(キャッシング)はできません。ただ、方法は残っています。

「配偶者貸付け」と呼ばれる制度があるのですが、これは配偶者(今回は夫ですね)と合算であれば無職でも年収の3分の1まで借り入れをすることができます。但し、ここにはいくつかのハードルがあります。

  • 配偶者との同意書
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類

が必要になります。婚姻関係を示す書類とは「住民票」もしくは「戸籍謄本」となります。またいわゆる事実婚の場合も適用され、その場合は住民票の提出が必要で、その場合は配偶者であると分かる記載がなければなりません。ちなみに「同意書」といっても連帯保証人になる同意書ではありません。

すでにカードを持っている人も借り入れができなくなります。ということは夫にはバレてしまうので、ショッピングでどうしても欲しいものがあってこっそりお金を消費者金融などから借り入れができなくなってしまったということです。。。

 

先生