利息制限法ついて教えてください。

金利を規制。

利息制限法についてキャッシング先生があなたの疑問に答えます。サイトの内容をよく読み、また各種ページもくまなくご覧ください。

利息制限法とはなんですか?

質問

金銭貸借上の利息の上限利率を規制した民法で、出資法と並んで金利を規制しています。正式名称は「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」です。利息制限法の上限金利は、元金10万円未満は20%、10万円以上 100万円未満は18%、100万円以上は15%と定めています。そして、遅延損害金の利率は、利息制限法の上限利率の1.46倍までと定めています。そして、利息制限法の制限を超える利息は無効とされ、利息を支払う必要はありません。これを払った場合、「過払い金」となり、過払い金返還請求を行うことができます。
また、今までは、利息制限法の上限利率を超えて貸し付けても罰則はなく、消費者金融はほとんどこの利息制限法の上限を超え、出資法の上限利率である29.2%で利息を課していました。これがグレーゾーン金利と呼ばれるものです。しかし、2010年6月施行の改正貸金業法によって出資法の上限利率が20%に下げられたため、現在は20%が上限利率となっています。また、この改正により上限利率を超えて貸し付けた場合は刑事罰も適用されます。

先生