総量規制ついて教えてください。

2010年6月18日から施行。

総量規制についてキャッシング先生があなたの疑問に答えます。サイトの内容をよく読み、また各種ページもくまなくご覧ください。

総量規制とはなんですか?借り入れ制限がかなり厳しくなると聞いたのですが。

質問

借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた規制で、貸金業法の法改正により2010年6月18日から施行されました。消費者金融などの貸金業者から借り入れる際、個人の借入総額が原則として年収の3分の1までに制限されることとなりました。複数から借り入れを行う場合、それぞれ1社からの借り入れ総額が年収の3分の1までではなく、全ての貸金業者からの借入れの合計が年収の3分の1以内である点にも注意が必要です。この総量規制に貸金業者が違反した貸付けを行った場合は、行政処分の対象となります。 今回の規制は、年収の3分の1を超える無担保ローンの貸し付けは禁止となっていますので、収入の無い専業主婦(夫)の場合、1人では借り入れができなくなりますが、例外規定が設けられており、配偶者の同意を得て、借入れをすることができる場合があります。その際は、配偶者の年収を証明する書類、借入れについての配偶者の同意書などが必要となります。そのため、借りる場合には配偶者の年収を証明する書類、借入れについての配偶者の同意書などが必要となります。 貸金業者からの借入残高のデータは、指定信用情報機関に集められます。貸金業者は、貸し付けの申し込みを受けた場合、指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借入残高を調査します。借り手の年収についての把握は、基本的には年収を証明する書類の提出を受けて把握します。また、1つの貸金業者から50万円を超えて借りるとき、または複数の貸金業者からの借入合計が100万円を超えて借りるときは、年収を証明する書類の提出が必要となります。年収を証明する書類とは、法令で次のように定められています。源泉徴収票、 支払調書、 給与の支払明細書、確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書、納税通知書、納税証明書、所得証明書、年金証書、年金通知書のいずれかで、直近の期間に係るものとなります。 また、総量規制の対象となるのは個人向け貸付けですので、銀行のローンや住宅ローン、自動車ローンなどは、この規制の対象にはなりません。

無職でもキャッシングできるかの質問コーナーもご覧ください。

先生